レジのバイトの忙しい時期まとめ。シフトを組むときに役立つ!

こんにちは。

今回はレジのバイトの忙しかった時期をまとめてみます。

2年ほどレジのバイトをしていたのですが…時期によって人が多い・少ないがあるバイトです。

同じ時給ならできるだけ人が少ない方が楽なので、シフトを組むときの参考にしてみて下さい。

 

 

・土日祝日

当たり前ですが、平日と比べて土日・祝日はお客さんが多いです。

バイトの募集で「土日働ける人歓迎」と書かれているのは忙しいから人手が足りないからと推測してます。

余談ですが、スーパーのレジのバイトの面接のときに「土日出られない」と答えた人は落としていたらしいです。

それぐらい土日出てくれる人は歓迎されるということでしょうか。

 

 

・イベントの時

ゴールデンウイーク、バレンタイン、クリスマス、年末年始、成人式など世間がイベントで賑わうほどレジは忙しくなります。

最近だとハロウィンの時期が忙しくなってきましたね…。

イベントの時期を覚えておけば、忙しい時期を避けられるかもしれません。

 

 

・増税前

消費税が5%から8%に上がるときにレジだったのですが…閉店の24時まで人がすごく多かったです。

2年ほどレジを担当していましたが、増税前がいちばんお客さんが多かったと記憶してます。

増税は、そう頻繁にあることではないですが…。

 

 

・20日~25日ごろ

毎月20日~25日はお客さんが多かったですね。

明確な理由は不明ですが、おそらく給料日が20日~25日が多いからでしょうか?

逆に月のはじめはお客さんがあまり多くない印象でした。

 

 

・逆に客が少ない時期は?

天気が悪い時期、猛暑・寒い時期、イベントの後、増税後、1月以外の月はじめはお客さんが少なかったですね。

(1月は正月なので人が多かった。)

台風が来たときは営業していましたが…店内がガラガラでしたね。

 

 

・まとめ

レジのバイトは、時給制だったので人が少ない時間の方が楽ができるんですよね。

どれだけ人を多くさばいても、人数当たりのお金が貰えるわけではありませんし…。

今回紹介した忙しい時期を避けてバイトをすれば、少しは楽できるかもしれません。

お試しあれ。

ブラックバイトに騙されるな!

新品価格
¥1,296から
(2017/12/31 13:35時点)

余談ですが、最近は「ブラックバイト」と呼ばれるものが増えているらしいですね。

無理矢理シフトを組まれたり、賃金が未払いだったり…。

どんなバイトをするにしても、1度勉強しておくのをオススメします。