小売業はブラック?元スーパーのバイト店員が考えてみる。

こんにちは。

今回は、元スーパーのバイトが「小売業はブラックかどうか?」を考えてみます。

 

 

・結論から言うと…

結論から言うと、ブラックな印象でしたね。

私はアルバイトで社員として働いたことがなかったので実際はどうかわかりませんが、バイトからみてもサビ残で疲弊した社員が目につきました。

何を持ってブラックと定義するかにもよりますが…私の店舗では若手社員の休職が多く、サビ残が常態化していました。

 

 

・若手社員が疲弊していた。

私の働いていた店舗では学校を卒業して間もない(1〜2年ぐらい?)社員の方が2名いました。

2人ともなんとか仕事を続けていましたが、疲弊している印象を受けました。

2人の社員さんがどんな状態だったか書いてみます。

 

 

・サビ残&罵倒で鬱

私はアルバイト夜8時〜12時(閉店)までの勤務でした。

夜間部門の社員以外は夜9時までに帰らないといけないのですが…若い男性社員は閉店まで残っていました。(もちろんサビ残)

サビ残をして仕事をしても店長から呼び出され「仕事ができてない」と罵倒されていたらしいです。

ある時期を境に会社に来なくなったので私が理由を聞いてみると…「うつになって休暇してる」との返事が。

結局、数ヶ月で復帰してまた休職して…という感じでした。

私はスーパーのアルバイトを辞めてしまったので現在はその社員さんがどうしているのか不明ですが…似たような状況だろうなぁと推測してます。

 

 

・仕事中にじんましん

もう1人の女性社員は仕事中にじんましんができて失神しました。

上司の女性との関係が上手くいかず、仕事中にレジの前でじんましんを起こし倒れました

仕事内容というより人間関係が原因ですが…大変なんだなぁとバイトながらに考えていました。

私の店舗では人間関係が悪く、社員同士の足の引っ張り合いが多かったですね。

 

 

・もちろん、ホワイトなところもある

小売業すべてをブラックと言っているわけではありません。

ただ私の経験から考えて、ブラックなところが「多い」のは事実だと思います。

私の働いていた店舗はブラックの温床でしたね…。

 

 

・なぜ小売にブラックが多いのか?

やはり小売は(頑張れば)誰でもできる仕事だからでしょう。

レジは研修をして数ヶ月やればあとは流れ作業です。

品出しは商品の配置を覚えれば後は運ぶだけです。
接客も(頑張れば)誰でもできるでしょう。

小売業への就職は特別な資格や経験が必要ありません。(例外もありますが)

「誰でもできる仕事」は当然賃金が低くなりますし、重労働の割に給料が低いので「ブラック」と言われても仕方ないのでしょう。

 

 

・個人的な意見&総括

反感を買うかもしれませんが、小売はダメな人の受け皿のような側面があります。

私は特別な資格・技能・経験はありませんが、スーパーの仕事はできました。

逆に、技能があって要領が良く、仕事ができる人で小売業を選ぶ人はいるのでしょうか…?

よほど接客が好き・お店で販売するのが好き…というのでなければ選ばないのが無難でしょう。

殴り書きになってしましたが…元スーパーの店員の意見でした。

 

ブラック企業に勤めております。 仁義なき営業対決 (集英社オレンジ文庫)

新品価格
¥605から
(2018/1/10 16:31時点)