スーパーの列はどこに並ぶといちばん早いのか?元レジ店員が考えてみる。

こんにちは。

今回は「スーパーの列はどこに並ぶといちばん早いのか?」についてです。

元スーパーのレジ店員の私が考えてみました。

 

 

・おばちゃんのレジに並ぶ

私の働いていたスーパーのおばちゃんたちはレジ歴数年、長い人だと10年を超えていました。

いちばん歴が浅い人でも1年ほどでした。

レジのパートのおばちゃんはベテランであることが多く、動きが素早くミスが少ないです。

逆に、私のような大学生バイトやよくいる高校生バイトは歴が長くても1年~2年の者が多く、おばちゃんと比べてミスが多かっです。

レジのバイトを経験して思うのは「おばちゃん最強」ですね。

 

 

・高齢者が多い列は避ける

レジに並んでいる人の中に高齢者の方が多い列場合は別のレジに行きますね。

レジの店員のときに気付きましたが、高齢者の方は現金払いが多く、小銭・ポイントカードを出すスピードが遅いんですよね。

逆に若い人が並んでいる列は決済が早く(クレカを使う人が多い)、現金でも高齢の方より早かったですね。

 

 

・2人組のレジは早い

レジが商品を通す係と現金・クレカを取り扱う係の2人に分かれているレジは早いです。

2人いるので早いのは当たり前ですが、2人組は研修の子とベテランの子が組んでやっていることが多く、ベテランの人が上手くやってくれます。

研修中の1人のレジ、若い1人のレジは遅いことが多いですね…。

 

 

・結局「運」

いろいろ書きましたが、どのレジの列が早いかは結局「運」なんですよね。

前のお客様のお札詰まってレジが動かなくなる、クレームが入りレジが停止する、お客様から返品を依頼される…考えたらキリがないですね。

今回書いたことは気休め程度にしかならないかもしれませんが…レジで並ばれる時に参考にしてみると良いかもしれませんね。

 

大前研一と考える“「マツキヨ」「ドンキ」事例で見る小売業の差別化戦略”【大前研一のケーススタディVol.30】 (ビジネス・ブレークスルー大学出版(NextPublishing))