スーパーのバイトで稼ぎたいなら閉店時間の遅い店を狙うべき理由。

こんにちは。

今回は、スーパーのバイトで稼ぐ方法についてです。

閉店時間の遅い店を狙うべき理由を解説します。

 

 

・私のスーパーの賃金形態

2年ほど関西の某スーパーでアルバイトをしていました。

営業時間は午前9:00~午後24:00まで。

賃金は…どの部門も時給800~900円ほどでした。

正直、頑張って働いても時給はそこまで高くないのであんまり稼げません

 

 

・夜22時以降の勤務を狙う

私は20時~24時の4時間勤務でした。

たまたま夜の方が都合が良かったので選んだだけでしたが、22時以降は時給がアップしました。

(バイトをはじめるまで知らなかった…。)

私の勤務していた時間で考えてみると…

20時~ 900円

21時~ 900円

22時~ 1125円

23時~ 1125円

22時以降は時給が1,000円を超えていました

スーパーは基本的に低賃金ですが…レジのバイトで1,000円超えるのはモチベ―ションが上がりましたね。

正直、他のスーパーで1,000円以下でレジはやりたくないぐらいでした。

 

 

・なぜ22時以降は時給が上がる?

労働基準法 第37条に「割増賃金」についての記述があります。

第三十七条 使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。ただし、当該延長して労働させた時間が一箇月について六十時間を超えた場合においては、その超えた時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の五割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

○2 前項の政令は、労働者の福祉、時間外又は休日の労働の動向その他の事情を考慮して定めるものとする。

○3 使用者が、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、第一項ただし書の規定により割増賃金を支払うべき労働者に対して、当該割増賃金の支払に代えて、通常の労働時間の賃金が支払われる休暇(第三十九条の規定による有給休暇を除く。)を厚生労働省令で定めるところにより与えることを定めた場合において、当該労働者が当該休暇を取得したときは、当該労働者の同項ただし書に規定する時間を超えた時間の労働のうち当該取得した休暇に対応するものとして厚生労働省令で定める時間の労働については、同項ただし書の規定による割増賃金を支払うことを要しない。

○4 使用者が、午後十時から午前五時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後十一時から午前六時まで)の間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の二割五分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

○5 第一項及び前項の割増賃金の基礎となる賃金には、家族手当、通勤手当その他厚生労働省令で定める賃金は算入しない。
(時間計算)

引用元:e-gov 労働基準法

何も割増賃金は、スーパーや小売業に限った話ではありません。

地域にもよりますが、22時以降の労働は賃金が上がる(+25%)ことはしっかり覚えておくべきでしょう。

仕事をする上で「労働基準法」を知っておくのは本当に大事です。

働き始めるまでは興味すら持ちませんでしたが、ブラック企業が増えている昨今は必須知識といっても過言ではないはずです。

これ一冊でぜんぶわかる! 労働基準法2017~2018年版

新品価格
¥1,620から
(2017/12/31 10:27時点)

今は労基法に関する書籍やブログがたくさんあります。

時間があるなら勉強しておくことをオススメします。

 

 

・深夜のスーパーは惣菜が貰える?

私の働いていたスーパーは24時閉店でした。

レジ担当でしたが、閉店業務も任されていました。

店の電気を消したり、商品を廃棄したり、レジを清算したり…。

売れ残った惣菜を廃棄する前に貰えたりしましたね。

ただし、店舗や会社の方針によっては廃棄の品を持って帰るのは駄目な場合があるので注意しましょう。

 

 

・深夜営業のスーパーは減少傾向

ここまで書いておいて何ですが…深夜営業(22時以降の営業)をしているスーパーは少ないです。

特に田舎だと22時より前に閉店している場合がほとんどなはずです。

22時以降も営業している店舗を探すとなると、都会でないと厳しいですね。

 

 

・まとめ

スーパーを含め小売業のアルバイトは基本的に「低賃金」です。

私がおすすめするのは、22時以降の勤務で割増賃金を貰うこと&閉店後に総菜を貰って食費を浮かせることですね。

バイト探しの際は参考にしてみて下さい。