スーパーのバイトに受かりたいなら「土日出れる」と言え!経験者が語る!

 

こんにちは。

今回はスーパーのバイトに受かりやすくなる方法について書きます。

やり方は簡単。「土日祝日出れる」と言うだけ。

 

 

・「土日祝日出れる」と言うべき理由

スーパーは、基本的に「土曜」「日曜」「祝日」がすごく忙しいです。

スーパーに限らず小売業は、世間が休みであるほど忙しい仕事です。

私の働いていた店舗では、パート・アルバイトの従業員は「土日・祝日」は出たがりませんでした。

時給が変わらないのに、わざわざ忙しい時間帯で働くのにメリットを感じないからですね。

逆に考えてみると…面接で「土日・祝日出れます」というだけで採用担当は「おぉ?」と思うはずです。

採用されて働き始めてから知ったのですが、私のスーパーでは面接時に「土日・祝日」は出勤できないと答えると落とされていたらしいです。

 

 

・志望動機は何でもいい(と思う)

社員採用・中途採用なら話は別ですが、アルバイト・パートの志望動機なんでぶっちゃけ何でも良いです。

私は留学するための費用を稼ぐからと言ってましたね。(留学する気は全くなかった。)

志望動機が完璧だけど、出れる日が少ないバイトって誰が雇いますか?

雇う側は出れる日の多い(特に土日)人を雇いたいはずです。志望動機が重視されるのは社員採用の場合でしょう。

よほど変な志望動機でなければ、適当にそれらしいことを書いておけば良いです。

(留学費用の工面・免許のお金が必要、生活費を稼ぐため…など。)

 

 

・後から代わってもらえばOK

バイトに受かって働き始めたら、周りの人(特におばちゃん)とは仲良くしましょう。

実際は出れる日が少なくても、面接で「土日・祝日出れる」と答えた人は…他の人に代わってもらう手を使う方法があります。

私は土・日忙しいときを何度かパートのおばちゃんに代わってもらいました

普段から挨拶や人付き合いを上手くやっておけば、土日・祝日の忙しいバイトを回避できますよ。

 

 

・まとめ

殴り書きで申し訳ないです。

スーパーのバイトの面接では「土日・祝日働ける」と答えるだけで受かる確率がグッと上がります

これから面接の方は参考にしてみて下さい。

 

受かる面接、落ちる面接 人事経験者だけが知る採用と不採用の境界線

新品価格
¥1,296から
(2018/1/22 11:50時点)