スーパーのバイトで楽な部門は?元店員が考えてみる。

こんにちは。

今回はスーパーのバイトの楽な部門はどこか?を元店員が考えてみます。

(ちなみに、私はレジと品出し、閉店業務、廃棄業務を担当していました。)

 

 

・部門の種類は?

私の働いていたスーパーは、レジ・ベーカリー・惣菜・青果・精肉・生鮮・日配・グロサリーに部門分けされていました。

大まかに部門ごとの解説をしておくと…

・「レジ」お客様がお買い求めの商品をスキャンしてお金のやり取りをする部門。

・「ベーカリー」パンを焼く、包装する、陳列するのが仕事。

・「惣菜」お弁当やおにぎり、おかずなどを作る部門。「デリカテッセン」「デリカ」とも呼ばれていました。

・「青果」野菜や果物を扱う部門です。

・「精肉」肉をパック詰め、陳列するのが主な業務。

・「生鮮」お魚を扱う部門。

・「日配」日持ちしない商品・冷蔵が必要な商品を扱う部門。牛乳や漬物など

・「グロサリー」日持ちする商品・冷蔵が必要ない商品を扱う部門。レトルト食品、缶詰、日用品など。

部門ごとにバイトでどんな仕事をするかについて解説してみます。

 

 

・どの部門が楽なのか…?

働く人の適性や得手不得手によって楽な部門は違いますね。

私は(先ほども書いたが)レジと品出し担当でした。

接客業の経験がなく、人と話すのは不得意だったのでレジは苦戦しましたね…。

今はレジをやめましたが、別の部門を選べばよかったと後悔しています。

品出しは得意でした。

飲料の品出しは重かったですが…人と関わることがなくて(私にとっては)でしたね。

たまにお客様に商品の場所を聞かれるのが辛かったですが…。

人付き合いが苦手なら「日販」「グロサリー」がおすすめですね。

品出し、レジ以外の部門は見ていただけなので詳しく分かりませんが…生臭い匂いが苦手なら「生鮮」「精肉」は避けるべきでしょう。

「青果」「ベーカリー」は臭いで不快になることは少ないはずです。

 

 

・まとめ

殴り書きになってしまったので内容をまとめると…楽したいなら「自分に合う部門」を見つけることですね。

自分に合う部門を見つける基準は…

接客の経験あり・人と関わるのが好き→「レジ」がおすすめ

人付き合い苦手・黙々と作業できる→「日配」「グロサリー」の品出しがおすすめ

調理するのが好き・包丁を扱える→「精肉」「生鮮」がおすすめ

こんな感じですね。

私は人付き合いが苦手なのにレジを選んで大失敗しました…。

 

大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A

新品価格
¥994から
(2018/1/5 17:30時点)