スーパーのレジのコツを解説!素早く仕事を覚えてミスを減らす方法を紹介するよ!

こんにちは!

今回はスーパーのレジのコツと素早く仕事を覚えてミスを減らす方法を紹介します。

(※あくまで、私の働いていた店舗での話です。

レジの手順・方法は店舗や会社によって異なります。)

 

 

・商品を傾けない

傾くと中身が崩れる商品は、水平にしたままレジに通すかT字の読み取り機を使いましょう。

お寿司、お弁当、お刺身、ケーキなどは全部T字の読み取り機で通してましたね。

中身が傾いただけでもクレームが入ることがある(実体験です…。)ので細心の注意を払いましょう。

ジュースやお菓子、野菜など傾けても問題ない商品はそのままレジに通してもOKです。

慣れてくれば、傾けてはいけない商品かどうかすぐに分かるようになるはずです。

 

 

・生理用品は分ける

会社や店舗の方針によりますが、私の働いていたスーパーは生理用品は黒い袋に入れると決まっていました。

お客様が生理用品を購入されるときに、恥ずかしくないようにするための気遣いとのこと。

たまに生理用品を分けずに袋に入れると、クレームが入ることがありました。

生理用品は別の袋に入れるor見えにくい袋に入れるのがベターでしょう。

 

 

・洗剤を分ける

洗剤と食品は袋を分けましょう。

洗剤は香りの強いものだとなおらさですね…。

 

 

・ペット用品を分ける

洗剤と同じくペット用品は袋を分けましょう。

ペットフードは独特の臭いがしますし、お客様によっては一緒に入れられるのは嫌という方がいらっしゃいます。

 

 

・臭いのキツイものは分ける

臭いのキツイ食品は別の袋に分けましょう。

よくあるのは「キムチ」ですね

キムチ自体が袋に入ったり、包装されていたりしますが、それでも別の袋に分けたほうが良いでしょう。

キムチは臭いの強いものだと、袋の外からでも臭いがします。

一緒に入れて、臭いが移るとクレームにもつながるので注意しましょう。

 

 

・肉、魚は袋に入れる

※イメージ

私のスーパーでは魚・お肉は個別で透明の袋に入れてました

魚やお肉は汁が漏れたり、商品本体のビニールが破れるとダメなので透明の袋に入れる必要がありました。

スーパーの方針にもよりますが、私はレジがすごく混んでいない限りはちゃんと袋に入れてましたね。

 

 

・商品が潰れないようにする

レジを通した後の商品をカゴに入れていくときに、商品が潰れないように注意しましょう。

パンなどの柔らかいものは上、重いものは下にしましょう

パンを先にレジに通してしまった場合は、カゴに入れず出しておいて商品がすべて通し終わったあとで上にのせてあげると良いです。

 

 

・大量の硬貨は断る

たまにイタズラで大量の硬貨をレジで使おうとする人がいます。(数回経験あり。)

小学生が数百円の駄菓子を買うのに、1円玉を何百枚も出してきましたね…(笑)

大量の硬貨を出されたときは断りましょう

数えるのに時間が掛かるので他のお客様の迷惑になりますし、機械に入れてしまうと詰まるかもしれません。

 

 

・しわしわのお札はレジに入れない

お客様がしわしわのお札を出された場合は、レジに入れず手動で入力するのをお勧めします。

なぜかと言うと…しわのあるお札はレジの中で詰まりやすいです。

お札が詰まると、レジを止めてお札を取り出さないといけません。

しわを伸ばして入れる方法もありますが…やはり、詰まった時のことを考えると手入力でしたね。

 

 

・昔のお札、昔の硬貨はレジに入れない

昔の硬貨、昔のお札、2,000円札などはレジによっては受け付けない場合があります。

ややこしいならレジに入れず、金額を手入力しましょう。

昔のお札を入れてしまうとレジが詰まる場合があります。

 

 

・±0を意識する

レジには「精算業務」があります。

レジを出る前に、レジの中にあるお金が±0である必要があります。

レジのお金が多いとお客様への渡し忘れ、レジのお金が少ないと渡しすぎor紛失が考えられます。

 

 

・商品の陳列を覚える

商品をレジに通していると、商品の取り換えを求められることがあります。

例えば、豆腐の袋が開いていて汁が漏れていた、買う商品の味を間違えた…など。

(全部、実際にあったことです。)

レジでも、商品の陳列をある程度覚えておかないとお客様から取り換えを求められたときに時間がかかってしまいます。

大体でいいので、どのあたりに何の商品があるか覚えておきましょう。

 

 

・×〇〇を押し間違えない

同じ商品が複数個来たときに、全部通すのは面倒なので「×〇個」と入力することがあります。

私の働いていたレジなら「5」を押して「×」を押してからバーコード読み取りで、「読み取った商品×5個」でした。

この入力方法は早いのですが、打ち間違えると大変なことになります。

実際に同じアルバイトの人が5を50個と押し間違えたり…。

「×」入力はちゃんと確認しながら使いましょう。

 

 

・ポイントカードを持っているか聞く

面倒ですが、ポイントカードを持っているかどうかはちゃんと聞きましょう。

聞かずにお客様が出し忘れて、後からポイントを付けるのは面倒ですし時間が掛かります

 

 

・袋が要らない人にはシールを貼る

お客様が「袋要りません」とおっしゃったら、商品にシールを貼りましょう。

シールは「ちゃんとレジを通しました」という証明になるので忘れずに。

 

 

・「レジにて割引」に注意する

たまに商品によっては「レジにて割引」と書かれている場合があります。

手動で〇〇%オフと入力しないと割引されない商品は、忘れずに割引をしましょう

そのままだと割引が反映されず、クレームに繋がります。

 

 

・年齢認証をする

未成年ぽい人がお酒を持ってレジに来たら年齢確認をしましょう。

万が一、未成年にお酒を売って、その人は飲酒運転で事故を起こせば販売者にも責任が問われます。

私の働いていたスーパーでは、1度未成年にお酒を売って警察沙汰になりましたね。

年齢確認をして、免許所等の生年月日から20歳以上かどうか推測できるようにしておきましょう。

 

 

・ギフト券に注意

使えるギフト券、使えないギフト券を覚えておきましょう。

当然、使えないギフト券を受け取ってしまうと…ミスとしてカウントされます。

私は使えないギフト券を受け取ってしまい、上司に呼び出しを食らいました…。

 

 

・小銭を上から落とさない

kozeni-watasu

渡し方のイメージ

お釣りの小銭をお客様の手の上から落とさないように注意しましょう。

印象が悪いですし、クレームが入る可能性があります。

私が教わったやり方は、レシートの上に小銭を置いて少し折り曲げて渡す方法です。

 

 

・指さし確認

受け取った小銭、お札を機会に入れた後、表示された金額をちゃんと確認しましょう。

私の働いていた店舗では「指さし確認」をやるように言われていました。

 

 

・野菜、魚の名前を覚える

野菜や魚は、バーコードがなくてレジで直接パネルで入力する場合があります。

野菜・魚の名前はできるだけ覚えておきましょう

レタスとキャベツ、パプリカとピーマンは違いが分からず、戸惑いました。(私が馬鹿なだけ。)

 

 

・当日のチラシを確認する

レジに入る前に、当日のチラシの内容を確認しておきましょう。

何がセール品になっているか、お1人様○○点までは要チェックですね。

 

 

・スプーン、箸、ストローはとりあえず入れておく

スプーン、お箸、ストローは迷ったらとりあえず入れておくべきでしょう。

不要な場合はお客様が持ってきてくれるor捨てます。

いちばん面倒なのは、入れ忘れてクレームが入ることですね…。

 

 

・クレジットの受け取り方

クレジットカードを受け取った時は、磁器不良に注意しましょう。

クレジットカードは磁石に近づけると磁器不良が起きます

レジ周りはお札やレシートを留めておくための磁石があります。

クレジットカードは磁石から離して取り扱いましょう。

 

 

・爪を切る

tsume-kiri

レジに入る前は爪をチェック

レジで仕事をする前に爪を短く切っておきましょう。

爪が長いと袋を傷つけて中身が出てしまうことがあります

私の会社はレジに入る前に、アルバイト同士で爪の長さを確認し合う必要がありました。

爪が長いと職場にある爪切りで切らされましたね。

 

 

・トイレを済ませておく

レジに入る前にトイレに行っておきましょう

基本的に、レジは立ちっぱなしで数時間仕事をし続けます。

トイレに行くには代役を探すか、レジを停止させないといけません。

 

 

・客が来ない時間は…

客が来ない時間はぼーっとするのではなく、できることをしましょう。

私の店舗なら、客が来ない時間はレジ袋・割り箸・ストローの補充や清算の準備をしてました。

 

 

・何かあったら「謝る」

こちらが悪いかどうか分からなくてもとりあえず「申し訳ございませんでした。」と頭を下げた方がその場が収まることが多かったですね、

レジの仕事にミスは付き物なので、とにかく「謝る」ことは大事です。

 

 

・あると便利な物

スーパーのレジのバイトをするときに役立ったものをまとめておきます。

ロディア No.11 方眼罫 オレンジ 3冊セット cf11200

新品価格
¥300から
(2017/12/30 14:25時点)

ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ 0.5 黒 5本 P-JJ15-BK5

新品価格
¥342から
(2017/12/30 14:26時点)


メモ帳&ボールペンは必須ですね。(当たり前ですが…。)

私は品出しの仕事も兼任していたので、売り場に出す商品の名前と数をよくメモしてましたね。

 

シャチハタ ネーム9 別注品 【本体:ブラック】

新品価格
¥1,120から
(2017/12/30 14:26時点)

ハンコは職場によって違いますが必要な場合があります。

私の職場ではレジの精算完了時に必要でした。

シャチハタなら朱肉が要らないので便利でしたね。

 

[コンバース] CONVERSE スニーカー スニーカー オールスター SLIP III OX AS SLP 3 OX 1C453 (ブラックモノクローム/3)

新品価格
¥5,346から
(2017/12/30 14:28時点)

職場によって靴の規定は違うので分かりませんが、私は動きやすいスニーカーをおすすめします。

ただ、色が派手なものはダメだったのでコンバースの黒を愛用していましたね。

黒は汚れが目立ちにくいのでおすすめです。

 

ビオレu 手指の消毒スプレースキットガード置き型本体 [指定医薬部外品] 400ml

新品価格
¥425から
(2018/1/16 02:30時点)


レジの仕事は指の汚れとの戦いでした。

特に現金を扱うことが多いスーパーならバイト終わりは指が黒くなります。

勤務後は手を消毒しておきましょう。

職場のトイレを使えるなら、仕事終わりにちゃんと手を洗って清潔に保ちましょう。

 

 

・まとめ

スーパーのレジ歴数年の人間が、レジのコツを解説してみました。

店舗・会社によってはやり方が違うので、あくまで参考程度に。