スーパーとコンビニのバイトはどちらが良い?元スーパー店員が考える!

こんにちは。

今回は、元スーパーの店員の私が「コンビニバイト」と「スーパーのバイト」のどちらが良いかを書いてみます。

(※コンビニでの勤務経験はないのであくまで推測です。)

 

 

・スーパーの良いところ

まずコンビニにはないスーパーのバイトの良いところをまとめてみます。

・店員、社員が多い

・部門があり、担当が分かれている

・お客さんとの関りが少ない仕事がある

・ワンオペがない

ざっと書いてみました。

スーパーの良いところは、コミュ障でも裏方仕事や品出しがある点ですね。

私は人見知りでレジは本当に苦しかったですが…品出しは黙々と作業できたので得意でした。

またコンビニと違い店員・社員が多いので個人の仕事量はコンビニより少ないんじゃないかなぁ?と推測しています。

コンビニは夜勤は1人でバイトなんてことがありますが、スーパーは複数人の場合がほとんどです。

 

 

・コンビニの良いところ

続いて、スーパーにはないコンビニの良いところをまとめてみます。

・夜勤で稼げる

・若い人が多い(イメージ)

うーん。

コンビニのバイト経験がないからあんまり思いつかない…。

給料面だけを考えればコンビニ夜勤はスーパーのバイトより稼げるはずです。

夜~早朝に時間がある人ならコンビニの方が良いかもしれませんね。

 

 

・どちらが良いのか…?

スーパーでの勤務経験はありますが、コンビニの勤務経験は無いので何とも言い難いですが…個人的にはスーパーのバイトをオススメします

コンビニはどうしてもブラックなイメージが拭えないんですよね…。

(もちろん、スーパーのバイトにもブラックな面はありますが。)

コンビニは覚えることが多いし、24時間営業となると常に人手が必要です。

ネットの記事で罰金を課されたと書かれているのを見たことがあります。

セブンイレブンの加盟店が、アルバイトを病欠した女子高生に、代わりを探さなかったとの理由で「罰金」を課していたことがわかり、親会社のセブン&アイ・ホールディングスは加盟店に謝罪と返金を指示した。

(中略)

ハフィントンポストでは、2016年11月、ブラックバイトユニオンの共同代表、渡辺寛人さんに「ブラックバイト」に関するインタビューを行っている。

渡辺さんはインタビューで、経済環境の悪化や人手不足を背景にして、特に飲食店や小売店では社員が1〜2人程度で、残りをアルバイトで回している店舗も多く、そうした店では、アルバイトに対して過剰な責任を押し付けられている場合が多いと指摘した。

ユニオンに寄せられる相談としても、最も多いのは「アルバイトを辞められない」というものだと明かしている。

(引用元:HUFFPOST – セブンイレブンだけじゃない、バイトに「罰金」「損害賠償」と脅すブラック企業、その実態は…

ネットでコンビニのバイトを調べていると良い評判はほとんど見ないんですよね…。

 

 

大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A

新品価格
¥994から
(2018/1/16 03:06時点)