スーパーのレジバイトで怒られたこと。失敗したこと。全部書いてみる。

 

こんにちは。

今回はスーパーのレジのバイトで怒られたこと。失敗したこと。を全部書いてみます。

これからスーパーでバイトされる方は、二の舞にならない戒めとしてご一読ください。

 

 

・カギをなくす

スーパーのレジバイトは鍵を身につけるように言われます。

レジの引き出しのカギ、精算時に使うカギなど…無くすと始末書レベルのものです。

(社員の人がなくして、始末書を書いていた。)

カギを渡されたら絶対に無くさないように注意しましょう。

大抵は首にかけるヒモがついているはずなので…ちゃんと携帯しましょう

レジに置きっぱなしにするのは絶対にやめましょう。1度怒られました。

 

 

・弁当を倒してスキャンする

レジで商品のバーコードを読み取るときに、弁当・お寿司を倒してスキャンするのはNGです。

中身が崩れて、お客様からのクレームが入ります。

私はレジが混んでいたので倒してスキャンしたところ…中身が崩れてクレームに繋がりました。

すぐに社員にサービスカウンターに呼び出され、説教を食らいました…。

今でも弁当を見るたび、苦い思い出が蘇りますね。

 

 

・非対応の商品券を受け取る

対応していない商品券を誤って受け取ってしまいました。

スーパーによって、利用可能/不可能な商品券があるはずなので絶対に確認しておきましょう。

次の日のバイトで社員に呼び出され、ひたすら説教されました…。

余談ですが、商品券の割引額を間違えたこともありますね

商品券によっては540円など…計算がややこしいものがあります。

また、私の働いていた店舗のレジは商品券の割引額を手打ちするのでたまに間違う人がいましたね。

 

 

・打ちミス

レジのバイトのミスで多いのが「打ちミス」「打刻ミス」です。

商品を2度スキャンしてしまった、レジにて割引なのに割引ボタンを押し忘れた、手入力の金額・数値を間違えた...など。

とにかく、指差し確認・声だし確認を徹底して、ミスを減らすことに注力するしかないですね。

打ちミスが多い店員は呼び出されることがありました。別の部門に異動させられたバイトもいましたね。

 

 

・誤り方

レジで何かミスをしたらちゃんと謝りましょう。

「ごめんなさい」「すいません」ではなく「大変申し訳ございませんでした」と言うのが筋です。

90度のお辞儀をして謝ります。

こちらに100%非がないならまだしも…分からないならとにかく謝っておけ!と思いますね。

変に意地を張って余計に状況が悪くなることがあります。

 

 

・洗剤やペットフードを分けなかった

お客様によっては食品と洗剤・ペットフードが一緒のカゴや袋に入るのを嫌う方がいます。

お客様が「分けなくて良いよ」と仰らない限り、袋・カゴは分けましょう。

 

 

・まとめ

私が数年のレジバイトの経験からクレーム・説教につながった失敗を全部書いてみました。

これからスーパーやレジで働く方は教訓として覚えておきましょう。

 

怒られ力 新社会人は打たれてナンボ!

中古価格
¥298から
(2018/1/20 01:05時点)