レジが詰まる原因&詰まるのを防ぐコツを元スーパー店員が解説してみる。

こんにちは。

今回は「スーパーのレジが詰まる原因」と「レジが詰まるのを防ぐ方法」を解説します。

スーパーのレジのアルバイトを数年しており、何度かレジを詰まらせたことがあるので…経験をもとに書いてみます。

 

 

・詰まる原因は?

スーパーのレジが詰まる原因はいくつかあります。

・小銭を数える機械に異物(紙くずなど)が混入した。

・しわのあるお札がレジの中で絡まった。

・読み取れない硬貨、お札をレジに入れてしまった。

・レジ自体が劣化している。

などなど…。

他にも原因はあるでしょうが、上記のことがほとんどでしょう。

レジのバイトを数年経験しましたが…レジが詰まる原因はほとんど上記のものでした。

 

 

・紙くずが混入する

regi-tsumaru

レジの小銭を入れる部分に紙くずが入るとエラーが起きます

機械に小銭を入れる前に紙くずがないかちゃんと確認しましょう。

お客様が出された小銭にレシートの切れ端が混ざっている場合があるので注意が必要です。

また、レジに小銭を補充するために小銭の棒を破ることがあります。

小銭の棒を破った時の紙くずが混入する場合があるので注意して取り扱いましょう。

あと、レジにメモ帳を置いてる人は切れ端が混入しないようにしましょう。

レジ付近にチラシを置いている場合も切れ端が混入することがあります。

私の働いていた店舗ではレジ1台ごとににチラシが貼り付けてありました。

 

 

・昔のお札、硬貨に注意

レジによっては昔のお札や硬貨が使えない場合があります

(わからない場合は働く店舗のレジを調べておきましょう。)

私の働いていた店舗のレジでは昔の硬貨・お札はレジの読み取り機に入れず金額分を手入力してました。

2,000円札も読み取り機に入れず手入力でしたね。

 

 

・しわ、折り目あるお札に注意

regi-tumaru

しわしわのお札、折り目の多いお札は詰まる場合があるのでレジの引き出しに入れた後、金額分を手入力していました。

もちろん、しわを伸ばしてレジに入れるのは可能ですが…。

詰まった時のリスクを考えたら、怪しいお札は手入力でしたね。

あとで時間ができたときor精算のときに、お札のしわを伸ばして入れてましたね。

 

 

・レジの劣化

レジの劣化やエラーでレジが詰まることがあります。

こればかりはレジの人間でも対応できないですね…。

 

 

・予防法は?

とにかくお札・硬貨をレジの読み取り機に入れるときはよく確認しましょう。

「お札にしわがあるか」「お札に折り目が多いか」「昔のお札・硬貨が含まれていないか」「紙くずなどの異物が混入していないか」

この辺りの点は要チェックですね。

 

 

・まとめ

元スーパーのレジ店員が「レジが詰まる原因」「レジが詰まるのを予防する方法」を解説してみました。

レジの業務がある方は参考にしてみて下さい。

 

手にとるように小売・流通がわかる本―新しい“顧客接点”をつくり出す仕組みとは? (「手にとるようにわかる」シリーズ)

新品価格
¥1,575から
(2018/1/10 10:48時点)