品出しの台車の上手な使い方をスーパーの元店員が解説してみる。

こんにちは。

今回はスーパーの品出しなどに使われる「台車」の上手な使い方を解説します。

 

 

・荷物を落とさない

台車に積んだ荷物は「絶対に」落とさないように注意しましょう。

品出しのスピードは大切ですが、急ぐが故に荷物を落としてお客様に損害を与えると大変なことになります。

私は何度かヒヤッとした場面がありましたね…。

子供が横切る、お客様とすれ違うときは特に危ない。)

品出しは集中しているので周りに目が届かないことがあるんですよね…。

 

 

・押すのではなく「引く」

台車のタイプ・型にもよりますが…押すのではなく「引く」方が上手く動かせる台車があります

私の働いていたスーパーにあった台車はすべて店員が前から引いて使うタイプでした。

むしろ、押して使うとバランスが取れませんでした。

「押してダメなら引いてみろ」という言葉がありますが…台車も同じですね(笑)

私の店舗では以下のような台車を使っていました。

 

参考リンク:

【台車】【キャリー】耐荷重150kg 特殊ベアリングでとっても静か 軽い 樹脂性 台車 2段 150

新品価格
¥8,800から
(2018/1/15 00:59時点)

上と下に荷物を積めるだけ積んで運ぶ台車ですね。

押して使うと前にある荷物で前方が見えませんでした

ちゃんと引いて使いましょう。

 

 

・道具を用意しておく

「台車を上手に使う」という趣旨からそれますが…品出しに便利な道具を用意しておきましょう

品出しを早く終えるのは台車の扱いだけでなく、道具も利用すべきです。

ダンボールを開ける用の軍手かカッターはあると便利ですね。

 

作業用すべり止め軍手(手袋) 1ダース BG-600N

新品価格
¥498から
(2018/1/15 01:12時点)

オルファ(OLFA) 小型カッターA 215B

新品価格
¥182から
(2018/1/15 01:13時点)


別の記事で品出しを早く終わらせるコツを解説しているので参考にどうぞ。

 

 

・まとめ

台車の扱いは下手でもいいので、とにかく「安全」だけは絶対に守りましょう

お客様に台車がぶつかったり、荷物が当たると大変なことになります。